- 大人の自由研究

大人の自由研究 ホーム » 

MPOS ハッシュレートの表示に影響を与える


 ここんとこ、yescrypt 以外のアルゴリズムを試していた。
 ANNを覗いて新しいコインにチャレンジだw

 アルゴリズムによってか、stratum が対応しておらず、それも対応ずべくゴニョゴニョしておったw
 でもって、クライアント側のマイナーコンソール上のハッシュレート表示と、MPOS側のハッシュレート
の表示が結構乖離があるケースがあった。

 どこで表示しているのかを、追っかけて辿り着いたところが、、、 
include/classes/coins/coin_scrypt.class.php
 が使われているようだ
 
autoloader.inc.php:if (file_exists(CLASS_DIR . '/coins/coin_' . $config['algorithm'] . '.class.php')) {
 これだな、config に書いた アルゴリズム別にファイルを読み込んでいる

 なるほど
 MPOS の設定ファイル(global.inc.php)にあるalgorithm は、初期値の scrypt のままにしてあった 
$config['algorithm'] = 'scrypt';
 本来は、アルゴリズムを変更して、coin_[アルゴリズム].class.php を作らないとって事だったのね(汗)

eset NOD32 にブロック解除された


こちらの記事の続き

数回サポートとやりとりする事数日。。。21日にやっと解除されました。

皆さんも気をつけて下さいませ。

eset NOD32 にブロックされた


 やっちまった(汗)
 http://lab.ukkey3.space/BitZenyMiningPoolInformation.phpが NOD32に怪しいサイトって事でブロックされた
 なんでーーって思った瞬間(笑)
 あっ!
 あれだな(汗)

 PPTP が掘れるように、cpuminer-opt-3.8.7.2 に yescryptr16v2 を入れた改造版を ダウンロード出来るようにしていたのだった。
 あぅ・・・PPTP
 なんと、被害が大きいぞー
 ukkey3.space ドメインが全滅

 とりあえず、マイニングは問題無く出来るが、管理画面へアクセスが出来ない(汗)

 という事で、NOD32を使っている方へ
 管理画面へアクセスするには、一時的にNOD32を無効にして頂くか、IP直打ちでアクセスして下さい(汗)
 BitZeny Mining Pool →→→ http://80.209.226.187/bitzeny/
 Koto Mining Pool →→→ http://80.209.224.44/
 Cryply Mining Pool →→→ http://62.77.155.33/
 PPTP Mining Pool →→→ http://150.95.214.162/

 WAVI Mining Pool →→→ (泣)バーチャルホストだった。。。

 MiningPoolInformation は、それぞれ
 http://150.95.153.77/BitZenyMiningPoolInformation.php
 http://150.95.153.77/KotoMiningPoolInformation.php
 です。

 昨晩、サポートに問い合わせをしているが返事が無いわ。
 自分NOD32ユーザなのに。。。乗り換えるかな。。。


WAVI の masternode になっていた(過去形)

 

masternode


 実は、4/1の夕方に masternode を立ち上げていたのだ。
 Poolの問題もあり、放置をしていたのだが、ちゃんと、報酬を受け取っていた。

 平均すると1日50WAVIくらいでしょうか。
 1ブロック発見すると、45WAVIだったけど、そこから20%の9WAVIがmasternodeの報酬として送金されるようだ。
 どこに送るのかってどうやって決めてるんでしょうかねぇ

 1日当たりのブロックの発行数は決まってるから、masternode が増えれば、1masternode当たりの報酬も減るんだろうなぁぁー
 その分、価値が上がれば良いのだが。。。
 今は、masternodeを立てるために借りたVPS代もペイ出来ないんだろーな(汗)

 

superblock


 そして、例の transactions.js に入ってる、superblock のコード。
 見て下さい!
 なんだかワクワクしませんか?

	for(var i in rpcData.superblock){
var payeeReward = 0;

payeeReward = rpcData.superblock[i].amount;
reward -= payeeReward;
rewardToPool -= payeeReward;

var payeeScript = util.addressToScript(rpcData.superblock[i].payee);
txOutputBuffers.push(Buffer.concat([
util.packInt64LE(payeeReward),
util.varIntBuffer(payeeScript.length),
payeeScript
]));
}


 ループしているんですよ?
 このアドレスって masternode のアドレスかな。複数のmasternodeに報酬が配られるイメージなのでしょうか。

 wavi-cli getgovernanceinfo
 と叩くと
{
"governanceminquorum": 10,
"masternodewatchdogmaxseconds": 7200,
"proposalfee": 5.00000000,
"superblockcycle": 21600,
"lastsuperblock": 0,
"nextsuperblock": 21600,
"maxgovobjdatasize": 16384
}

 と返ってきます。nextsuperblock
 近い将来。

WAVI Maining Pool の復帰(そしてPPTPも)


 こちらの続き
 一応、エラーは出なくなっていた。
 ただ、ブロックが発見出来ない。PPTPもだ。。。

 悩んだあげく、NOMP の stratum を試してみようと。

 フロント MPOS、バック NOMP という、Koto Mining Pool と同じ構成。
 こちらでマスターノード絡みの処理が入ったものを発見!
 https://github.com/dashpay/node-stratum-pool/blob/master/lib/transactions.js

 これは!もしや!
 しかも、superblock の処理まで入っているではないか!

 ベースをhttps://github.com/ROZ-MOFUMOFU-ME/zny-nomp/として、アルゴリズムを yescryptR32 に変更。
 先ほどの transactions.js を持ってきて完成w

 何度かエラー&修正を経て、無事に動作している風だ。
 果たして動いているだろうか。

 bluepoolさんにも直接聞いてしまいました(汗)
 ※直ぐに返信頂きありがとうございました!

 とりあえず、このまま様子見かなぁー
 弱小ハッシュレートのプールは、ブロック発見ができず、こーゆー時困りますねぇ

 なんか、30分でも1時間でも短期間で高ハッシュレートを提供してくれるサービスって無いのかねぇ。
 安く。。。


大丈夫そう


 PPTPは数ブロックが発見できていた。WAVIの方も。
 報酬も 36 だし、問題ないだろうw
 最初、yescryptR16v2 の ClientKey を変更するの忘れてて(汗)掘れなかった。
 気づいて良かったw