BABYChainで1VPSで2マスターノードを試す - 大人の自由研究

大人の自由研究 ホーム » 未分類 » BABYChainで1VPSで2マスターノードを試す

BABYChainで1VPSで2マスターノードを試す


 前回の続き。


 では、気を取り直して
 BABYChain で一つのサーバーに2マスターノードを立ててみる

 まずは、
 https://gist.github.com/babychain/94a5f9385aa7e5c8b216d352d2d3d210
 にある方法で、2デーモン走らせる。

 面倒だが、baby-cli を使う時、-conf="/root/.baby1/baby.conf" と、設定ファイルを指定してあげる必要がある。
 例えば、停止だったら
 baby-cli -conf="/root/.baby1/baby.conf" stop
 な具合で。

 まっさらから作り直すので、データの同期に時間が掛かる(汗)
 なかなか同期が始まらなかったので(汗)
 https://github.com/babychain/BABY/releases/download/3.0.99/peers.dat
 こちらのファイルを置き換えてあげたら、即同期がはじまった。

 とは言え、5万ブロック以上あるので、かなりの時間が必要だw

 :
 :

 同期も終わり設定に関しても
 https://gist.github.com/babychain/94a5f9385aa7e5c8b216d352d2d3d210
 にある、
 
datadir=$pwd/.baby$((dircount + 1))
rpcallowip=127.0.0.1
rpcuser=$rpcuser
rpcpassword=$rpcpassword
staking=1
server=1
listen=1
daemon=1
bind=[$network$i]
rpcport=5546$dircount
masternode=1
masternodeaddr=[$network$i]:55442
externalip=[$network$i]:55442
masternodeprivkey=${mnkeys[$dircount]}
 を手動で2セット作り

 baby-cli -conf="/root/.baby1/baby.conf" mnsync status
 baby-cli -conf="/root/.baby2/baby.conf" mnsync status
 で状況確認しながら待つ。

 :
 :

 途中のやり方は結構端折ってるが、1つのマスターノードを立てる方法で問題なさそうでした。

 baby-cli -conf="/root/.baby1/baby.conf" masternode status
 baby-cli -conf="/root/.baby2/baby.conf" masternode status

 で、確認すると、netaddr の項目にIPアドレスが入っている。
 ただ、1つ目のIPアドレスはIPV6で設定してるハズが、IPV4のアドレスになっていた。まぁ、理由はなんとなく分かる気がするので、機会があれば変更してみようかな。

 :
 :

 報酬が楽しみなんだけど
 いっこうに2つ目に立てたマスターノードへの報酬が無いのであった、、、
 1日、2日……
 discordの方に最初の報酬まで5日掛かるとかあったので、あと少し様子をみて。。。

 ついに5日を経過して最初の報酬をゲットしました!
 

 次は何ノードまで動くかってのも試してみたくなるw
 頑張れ chnoha VPS。

関連記事
コメント(管理者承認後に公開します)

※未入力可能。メールアドレスは公開されますので、ご注意ください。
非公開コメント

トラックバック

http://ukkey3.jp/tb.php/815-38ce7a54