ひとつのサーバで複数のマスターノードを動かす - 大人の自由研究

大人の自由研究 ホーム » 仮想通貨 » ひとつのサーバで複数のマスターノードを動かす

ひとつのサーバで複数のマスターノードを動かす


 赤ちゃんマークのBABYChain
 一つだけマスターノードを立ち上げておりまして、毎日500BABYの報酬があった。ここんとこ、変更があり 833BABYの報酬がある。
 WAVIなんか9WAVI → 4.5WAVI に減っていたから、増えたのは嬉しいw

 たまたま、こんな記事を発見した
 https://gist.github.com/babychain/94a5f9385aa7e5c8b216d352d2d3d210
 なるほど、IPV6使って、複数のマスターノードを1サーバでやってしまおうって事かw

 IPV6ってイマイチどころか、イマニ、イマサンくらい理解できていないんですが(汗)
 そーいや、cohona の管理画面に、IPV6 のタブが付いていたと思いだして、見てみると。。。
 17個もアドレスがあるではないか。

 試しに 1行目アドレス に ping してみた。
 ping6 2xxx:8xxx:1xxx:xxx:xxx:xxx:xxx:xxx
 ちゃんと応答が返ってきた。
 ただ、2行目以降のアドレスを叩いても Destination unreachable: Address unreachable と言われるだけ(汗)

 2行目以降は設定が必要なのか!?
 ネットワーク周りとか、弱い人なのよねぇ

 こちらの記事が役にたった
 http://blog.livedoor.jp/goldfish_and_laser/archives/4548352.html
 ここのシェルで、add している部分をコピって、以下のように追加してみた。

 /sbin/ifconfig ens3 inet6 add 2xxx:8xxx:1xxx:xxx:axxx:xxx:xxx:xxx/64
 /sbin/ifconfig ens3 inet6 add 2xxx:8xxx:1xxx:xxx:axxx:xxx:xxx:xxx/64

 すると、ping6 で疎通が出来る。
 他のサーバからも ping6 が通るようになった。


 という事で、環境が整った所で、検証にもってこいの PPTP を試してみようかと。
 シコシコと設定を行っていたのですが、、、

 masternode status を叩いたら。。。
 Make sure to use IPv4 address only.
 と怒られました(泣)もー、先に言ってー

 悔しいが、PPTPは対応していないっぽい。って事はWAVIも未対応かな。。。
 仕方ない BABYChain で大人の自由研究をしますかねぇ。

関連記事
コメント(管理者承認後に公開します)

※未入力可能。メールアドレスは公開されますので、ご注意ください。
非公開コメント

トラックバック

http://ukkey3.jp/tb.php/814-5ba00813