MPOS ハッシュレートの表示に影響を与える - 大人の自由研究

大人の自由研究 ホーム » 仮想通貨 » MPOS ハッシュレートの表示に影響を与える

MPOS ハッシュレートの表示に影響を与える


 ここんとこ、yescrypt 以外のアルゴリズムを試していた。
 ANNを覗いて新しいコインにチャレンジだw

 アルゴリズムによってか、stratum が対応しておらず、それも対応ずべくゴニョゴニョしておったw
 でもって、クライアント側のマイナーコンソール上のハッシュレート表示と、MPOS側のハッシュレート
の表示が結構乖離があるケースがあった。

 どこで表示しているのかを、追っかけて辿り着いたところが、、、 
include/classes/coins/coin_scrypt.class.php
 が使われているようだ
 
autoloader.inc.php:if (file_exists(CLASS_DIR . '/coins/coin_' . $config['algorithm'] . '.class.php')) {
 これだな、config に書いた アルゴリズム別にファイルを読み込んでいる

 なるほど
 MPOS の設定ファイル(global.inc.php)にあるalgorithm は、初期値の scrypt のままにしてあった 
$config['algorithm'] = 'scrypt';
 本来は、アルゴリズムを変更して、coin_[アルゴリズム].class.php を作らないとって事だったのね(汗)

関連記事
コメント(管理者承認後に公開します)

※未入力可能。メールアドレスは公開されますので、ご注意ください。
非公開コメント

トラックバック

http://ukkey3.jp/tb.php/809-04a25c5d