大人の自由研究

大人の自由研究 ホーム » 

お知らせ

2016.12.05 ちょっとデザインを変更してみました

相互リンク


BABYChainで1VPSで2マスターノードを試す


 前回の続き。


 では、気を取り直して
 BABYChain で一つのサーバーに2マスターノードを立ててみる

 まずは、
 https://gist.github.com/babychain/94a5f9385aa7e5c8b216d352d2d3d210
 にある方法で、2デーモン走らせる。

 面倒だが、baby-cli を使う時、-conf="/root/.baby1/baby.conf" と、設定ファイルを指定してあげる必要がある。
 例えば、停止だったら
 baby-cli -conf="/root/.baby1/baby.conf" stop
 な具合で。

 まっさらから作り直すので、データの同期に時間が掛かる(汗)
 なかなか同期が始まらなかったので(汗)
 https://github.com/babychain/BABY/releases/download/3.0.99/peers.dat
 こちらのファイルを置き換えてあげたら、即同期がはじまった。

 とは言え、5万ブロック以上あるので、かなりの時間が必要だw

 :
 :

 同期も終わり設定に関しても
 https://gist.github.com/babychain/94a5f9385aa7e5c8b216d352d2d3d210
 にある、
 
datadir=$pwd/.baby$((dircount + 1))
rpcallowip=127.0.0.1
rpcuser=$rpcuser
rpcpassword=$rpcpassword
staking=1
server=1
listen=1
daemon=1
bind=[$network$i]
rpcport=5546$dircount
masternode=1
masternodeaddr=[$network$i]:55442
externalip=[$network$i]:55442
masternodeprivkey=${mnkeys[$dircount]}
 を手動で2セット作り

 baby-cli -conf="/root/.baby1/baby.conf" mnsync status
 baby-cli -conf="/root/.baby2/baby.conf" mnsync status
 で状況確認しながら待つ。

 :
 :

 途中のやり方は結構端折ってるが、1つのマスターノードを立てる方法で問題なさそうでした。

 baby-cli -conf="/root/.baby1/baby.conf" masternode status
 baby-cli -conf="/root/.baby2/baby.conf" masternode status

 で、確認すると、netaddr の項目にIPアドレスが入っている。
 ただ、1つ目のIPアドレスはIPV6で設定してるハズが、IPV4のアドレスになっていた。まぁ、理由はなんとなく分かる気がするので、機会があれば変更してみようかな。

 :
 :

 報酬が楽しみなんだけど
 いっこうに2つ目に立てたマスターノードへの報酬が無いのであった、、、
 1日、2日……
 discordの方に最初の報酬まで5日掛かるとかあったので、あと少し様子をみて。。。

 ついに5日を経過して最初の報酬をゲットしました!
 

 次は何ノードまで動くかってのも試してみたくなるw
 頑張れ chnoha VPS。

ひとつのサーバで複数のマスターノードを動かす


 赤ちゃんマークのBABYChain
 一つだけマスターノードを立ち上げておりまして、毎日500BABYの報酬があった。ここんとこ、変更があり 833BABYの報酬がある。
 WAVIなんか9WAVI → 4.5WAVI に減っていたから、増えたのは嬉しいw

 たまたま、こんな記事を発見した
 https://gist.github.com/babychain/94a5f9385aa7e5c8b216d352d2d3d210
 なるほど、IPV6使って、複数のマスターノードを1サーバでやってしまおうって事かw

 IPV6ってイマイチどころか、イマニ、イマサンくらい理解できていないんですが(汗)
 そーいや、cohona の管理画面に、IPV6 のタブが付いていたと思いだして、見てみると。。。
 17個もアドレスがあるではないか。

 試しに 1行目アドレス に ping してみた。
 ping6 2xxx:8xxx:1xxx:xxx:xxx:xxx:xxx:xxx
 ちゃんと応答が返ってきた。
 ただ、2行目以降のアドレスを叩いても Destination unreachable: Address unreachable と言われるだけ(汗)

 2行目以降は設定が必要なのか!?
 ネットワーク周りとか、弱い人なのよねぇ

 こちらの記事が役にたった
 http://blog.livedoor.jp/goldfish_and_laser/archives/4548352.html
 ここのシェルで、add している部分をコピって、以下のように追加してみた。

 /sbin/ifconfig ens3 inet6 add 2xxx:8xxx:1xxx:xxx:axxx:xxx:xxx:xxx/64
 /sbin/ifconfig ens3 inet6 add 2xxx:8xxx:1xxx:xxx:axxx:xxx:xxx:xxx/64

 すると、ping6 で疎通が出来る。
 他のサーバからも ping6 が通るようになった。


 という事で、環境が整った所で、検証にもってこいの PPTP を試してみようかと。
 シコシコと設定を行っていたのですが、、、

 masternode status を叩いたら。。。
 Make sure to use IPv4 address only.
 と怒られました(泣)もー、先に言ってー

 悔しいが、PPTPは対応していないっぽい。って事はWAVIも未対応かな。。。
 仕方ない BABYChain で大人の自由研究をしますかねぇ。

iOS10.3.3 脱獄したけど、ある時Cydiaが起動しなくなるという話し


 ずーっと入獄生活を送ってきたのだが。。。今更ながらメイン端末iPhone6sを脱獄してみた。
 G0blin Rc2 を使いました。

 タイミングがあるのか、何回かチャレンジして、やっと脱獄成功。

 なんかSSHでの接続がうまくできない。
 そんななか、参考になったサイトがこちらです。
 https://ichitaso.com/jailbreak/g0blin/
 無事、SSH接続が出来るようになった。

 ただ、ある時から、Cydiaが起動しなくなってしまった。
 「ファイルシステムを準備中」という画面が出て、しばらくすると終了。
 Cydiaが起動出来ないんです。

 また、脱獄し直したりしていたが、面倒くさーだった。
 で、解決したのが、以下のコンテンツを発見!
 xConを入れたらCydiaが起動しない時の対処方法
 あー、入れた入れた(笑)

 同様の手順で、xConを削除したら、Cydiaが起動出来るようになった。
 

JagariCoinR × GPU Mining



 こちらの記事にある通り、KlausT-8.21-mod で JagariCoinR が掘れない件。
 環境が悪いのかと思い、Windows7の環境までも構築してしまったw
 ubuntu16 / Windows7 の デュアル構成。


 がしかし、、、ダメだ同じエラーが出る。


 自分だけかと思ったら、誰も掘れてない?
 https://qpool.info さんの接続マイナーのUserAgentを見ても、cpuminer系ばかりだった。

 Ask Monaでも、掘れて無かったというコメントが。。。
 そんな中、名無し名誉名人さんからの修正点が!
 テンション上がるわー
 ソースを修正して、ビルド!
 PentiumDマシンなので、ビルド時間が掛かりすぎー(汗)

 しかも修正を間違えてやり直し(汗)

 ビルドが終わり、早速実行をしてみる事に
 ./ccminer -a yescryptr24 -o stratum+tcp://jaga.ukkey3.space:4332 -u ……
 そして、「yay!!!」を確認!
 

 ※yescryptr24 パラメタの改修も入れているので。
 ./ccminer -a yescrypt --yescrypt-param=4096,24,1 --yescrypt-key=Jagaricoin -o stratum+tcp://jaga.ukkey3.space:4332 -u ……
 でも確認できた

 
 いいねぇ。

 これから じゃがりこいんRを掘る方の参考になれば幸いw

 》》》大人の自由研究 - JagariCoinR Mining Pool《《《

 それにしても、うちのプール、スッカスカ(汗)

⇒ 続きを読む JagariCoinR × GPU Mining

JagariCoinR - じゃが堀り


 今度はJagariCoinRという仮想通貨のプールを公開してみた
 JagariCoinR Mining Pool

 アルゴリズムは YescryptR24 だとか。
 パラメータが多少違う感じですね。
 yescrypt_client_key = "Jagaricoin";
 yescrypt_client_key_len = 10;
 YESCRYPT_N = 4096; 
 YESCRYPT_R = 24;
 YESCRYPT_P = 1;

 手持ちの KlausT-8.21-mod で掘りたかったのですが、どーしても、掘れないのだ(泣)
 result does not validate on CPU!
 表示される。。。

 cuda Tool kit のバージョン違いなのだろうか?
 行き詰まったので、諦めました(汗)

 まだまだ、マイナーさんが少ないので、掘れた時の報酬が大きいですね!

 みんなで、じゃが堀り~~~

 JagariCoinR Mining Pool