大人の自由研究

大人の自由研究 ホーム » 

お知らせ

2016.12.05 ちょっとデザインを変更してみました

相互リンク


iOS12 beta 1 を iPhone5s に入れてみるの巻


 iOS12を試してみたくなった。
 だたし、大人の事情があり手持ちの端末はアップデートしたくない。

 ふと、iPhone5s でも iOS12 はサポートされるから中古でiPhone5s を買ってしまおうとw
 アキバの中古屋さんを見たけど、8千円、9千円代。
 Amazonの中古品を見たら、最安値で5,450円。しかも翌日配達。
 という事で、ポチって購入、ついでにアクティベート用のSIMカードも購入(結局は家にあった使ってないSIMで問題なかったが)。

 デベロッパーアカウント無いから、知り合いにお願いして会う約束を。

 そしたら、デベロッパーアカウントが無くてもできるとか。。。
 https://moshbox.jp/?p=50393

 なんと。
 なんと。
 無事に、iOS12 beta 1 が導入出来ました。

 マーケットプレイスですが↓まだ数個残っているようです。
 au iPhone5s 16GB シルバー 白ロム

iOS をアップデート、また入獄生活を。

先日脱獄したばかりですが、iOS11.4が出たタイミングで入獄してしまいました。
ただ、iOS11.3.1 にしました。。。

気になる記事は。。。CoolStar氏が「iOS 11.3.1の脱獄にElectraを対応させる予定」と報告!ただしデバイスに制限あり?


Koto Mining Pool のサーバースペックを上げました


 前々から、Koto Mining Pool で発生した事象、デーモンへの接続出来なくなるときがあった。
 原因はメモリ不足だろう。
 とりあえず、エラーが発生したら、手動でバックエンドの処理を動かすって事で対処してきたのだが、、、

 昨日は、デーモンが落ちてしまった。
 おまけに、そんな時に限って、仕事がらみの重要な会食(汗)
 終わって帰宅後に、デーモンを起動したが、すぐに落ちるという(汗)
 もう限界か(汗)

 諦めてサーバーを強化する事にした。
 CPU: 6 x 2.40 GHz
 RAM: 8192 MB
 のプラン
 TIME4VPSのVPS-XLプラン。料金が 22.49EUR/月!日本円で換算すると3000円弱か(汗)
 BitZeny,Wavi,Cryply,JagaricoR、全て合わせるといくらになるんだ(汗)
 その他に研究/検証用に何台か借りてるからなぁ(汗)

 怖くて計算したく無いぞ。。。

 と、これで、しばらくは Koto Pool の方は大丈夫だろーと思い記事を書いている最中、、、また、接続出来ないというエラー発生(泣)
 まだ、スペック足らんか?
 他に原因ありそう(汗)

BABYChainで1VPSで2マスターノードを試す


 前回の続き。


 では、気を取り直して
 BABYChain で一つのサーバーに2マスターノードを立ててみる

 まずは、
 https://gist.github.com/babychain/94a5f9385aa7e5c8b216d352d2d3d210
 にある方法で、2デーモン走らせる。

 面倒だが、baby-cli を使う時、-conf="/root/.baby1/baby.conf" と、設定ファイルを指定してあげる必要がある。
 例えば、停止だったら
 baby-cli -conf="/root/.baby1/baby.conf" stop
 な具合で。

 まっさらから作り直すので、データの同期に時間が掛かる(汗)
 なかなか同期が始まらなかったので(汗)
 https://github.com/babychain/BABY/releases/download/3.0.99/peers.dat
 こちらのファイルを置き換えてあげたら、即同期がはじまった。

 とは言え、5万ブロック以上あるので、かなりの時間が必要だw

 :
 :

 同期も終わり設定に関しても
 https://gist.github.com/babychain/94a5f9385aa7e5c8b216d352d2d3d210
 にある、
 
datadir=$pwd/.baby$((dircount + 1))
rpcallowip=127.0.0.1
rpcuser=$rpcuser
rpcpassword=$rpcpassword
staking=1
server=1
listen=1
daemon=1
bind=[$network$i]
rpcport=5546$dircount
masternode=1
masternodeaddr=[$network$i]:55442
externalip=[$network$i]:55442
masternodeprivkey=${mnkeys[$dircount]}
 を手動で2セット作り

 baby-cli -conf="/root/.baby1/baby.conf" mnsync status
 baby-cli -conf="/root/.baby2/baby.conf" mnsync status
 で状況確認しながら待つ。

 :
 :

 途中のやり方は結構端折ってるが、1つのマスターノードを立てる方法で問題なさそうでした。

 baby-cli -conf="/root/.baby1/baby.conf" masternode status
 baby-cli -conf="/root/.baby2/baby.conf" masternode status

 で、確認すると、netaddr の項目にIPアドレスが入っている。
 ただ、1つ目のIPアドレスはIPV6で設定してるハズが、IPV4のアドレスになっていた。まぁ、理由はなんとなく分かる気がするので、機会があれば変更してみようかな。

 :
 :

 報酬が楽しみなんだけど
 いっこうに2つ目に立てたマスターノードへの報酬が無いのであった、、、
 1日、2日……
 discordの方に最初の報酬まで5日掛かるとかあったので、あと少し様子をみて。。。

 ついに5日を経過して最初の報酬をゲットしました!
 

 次は何ノードまで動くかってのも試してみたくなるw
 頑張れ chnoha VPS。

ひとつのサーバで複数のマスターノードを動かす


 赤ちゃんマークのBABYChain
 一つだけマスターノードを立ち上げておりまして、毎日500BABYの報酬があった。ここんとこ、変更があり 833BABYの報酬がある。
 WAVIなんか9WAVI → 4.5WAVI に減っていたから、増えたのは嬉しいw

 たまたま、こんな記事を発見した
 https://gist.github.com/babychain/94a5f9385aa7e5c8b216d352d2d3d210
 なるほど、IPV6使って、複数のマスターノードを1サーバでやってしまおうって事かw

 IPV6ってイマイチどころか、イマニ、イマサンくらい理解できていないんですが(汗)
 そーいや、cohona の管理画面に、IPV6 のタブが付いていたと思いだして、見てみると。。。
 17個もアドレスがあるではないか。

 試しに 1行目アドレス に ping してみた。
 ping6 2xxx:8xxx:1xxx:xxx:xxx:xxx:xxx:xxx
 ちゃんと応答が返ってきた。
 ただ、2行目以降のアドレスを叩いても Destination unreachable: Address unreachable と言われるだけ(汗)

 2行目以降は設定が必要なのか!?
 ネットワーク周りとか、弱い人なのよねぇ

 こちらの記事が役にたった
 http://blog.livedoor.jp/goldfish_and_laser/archives/4548352.html
 ここのシェルで、add している部分をコピって、以下のように追加してみた。

 /sbin/ifconfig ens3 inet6 add 2xxx:8xxx:1xxx:xxx:axxx:xxx:xxx:xxx/64
 /sbin/ifconfig ens3 inet6 add 2xxx:8xxx:1xxx:xxx:axxx:xxx:xxx:xxx/64

 すると、ping6 で疎通が出来る。
 他のサーバからも ping6 が通るようになった。


 という事で、環境が整った所で、検証にもってこいの PPTP を試してみようかと。
 シコシコと設定を行っていたのですが、、、

 masternode status を叩いたら。。。
 Make sure to use IPv4 address only.
 と怒られました(泣)もー、先に言ってー

 悔しいが、PPTPは対応していないっぽい。って事はWAVIも未対応かな。。。
 仕方ない BABYChain で大人の自由研究をしますかねぇ。